【ペイント感覚】「Auto Draw」で簡単・プロ画像作成【AIアプリ】

ツール
スポンサーリンク

ちょっとした資料の作成や説明用に、フリー素材イチイチ探すのも面倒だし、手書きでも良いので説明用の絵を入れたいという時ありませんか?
でもペイントで描こうものならブレブレ、そもそも絵自体が俗にいう「画伯」状態でムリムリ~!なんてお悩みの方、もうAIに任せちゃいましょう!

今回はGoogleで提供しているWeb上で簡単にプロ並みの絵が描けちゃうアプリ『Auto Draw』の紹介です。しかも無料!

何ができるの?

ペイントのような画面上のスケッチブックにマウス等で絵を書くと、AIがその絵から想像される候補をピックアップして、自動的に変換候補を瞬時に用意してくれます。
変換先の絵はあらかじめプロが用意してくれているものなので、あたかも自分が描いたかのような満足感と綺麗な画像を得ることができます。

使い方

①Auto Drawのサイトにアクセスします

AutoDraw
Fast drawing for everyone. AutoDraw pairs machine learning with drawings from talented artists to help you draw stuff fast.

②お絵描き用の画面が表示されます

画面内はシンプルで、直感的に作業ができるようなUIになっています。
AI判別する絵を描くときは、一番上のペンマークの周りがキラキラしているアイコンを選択して描きます。
それ以外は通常のペイント同様、自分の描いたまま残ります。

サイズを変更したい場合は、画面左上のメニューアイコン(横線が3本並んでいるところ)を選択すると、サイズ変更やその他のメニューが出てきます。

③絵を描く

こーんな適当な感じで、グルグルと描いてみましたが、画面上部に早速変換候補がずらっと並びました!


直感的に近いものから、えっ!?こんなものまで!?という候補までズラっと並びます。
今回私は「どうしてもカタツムリが描きたい!」と思っていた(事にした)ので、カタツムリを選択しましたw

うーん、完璧にカタツムリですね。

ちょろっとだけ自分の手書きを付け足して、せっかくなので画像で保存したいと思います。

④保存する

画面左上のメニューアイコン内に「Dawnload」がありますので、PC上にダウンロードします。
無事に画像になりました~

ちょっとした画像作成にすごく便利です!

他にもこんなのとか

その他

その他メニューにアプリでの共有などもできるものもあるので、色々と活用できるかもしれません。

ちょっとした素材画像作成にAuto Drawお試しあれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました