【水害対策】ハザードマップの確認と対策方法・防災用品のまとめ

便利
スポンサーリンク

ここ数年、異常気象が当たり前になり、特に夏場の水害が毎年ニュースになるようになっています。
突如として発生するゲリラ豪雨や、線状降水帯による局所的な強い雨の影響で河川の増水で甚大な被害が発生することも珍しくなくなっています。

いざ自分の身に起きたときに、すぐに対応できる準備はできていますか??

「自分たちは安心」といった考えをあらためて、今からでもできる水害への対策・準備をおこないましょう!

『ハザードマップ』で自分の住む地域が水害を受けるかどうか確認しよう

まず自分が住んでいる場所が、実際に水害の被害にあう場所に該当するのかどうかを「ハザードマップ」で確認しましょう。以下のような方法があります。

ハザードマップポータルサイト

下記リンクから“ハザードマップポータルサイト”が確認できます。

こちらは国土交通省が提供している、地図上で災害リスクを確認できるサイトになっています。

ハザードマップポータルサイト
国土交通省が運営する、「ハザードマップポータルサイト」です。身の回りでどんな災害が起こりうるのか、調べることができます。

開いたページの「重ねるハザードマップ」を使用します。
場所を入力の欄に、自分が住んでいる地域名を入力して、検索をしてください。

今回はサンプルに「宮城県仙台市」で検索してみます。
入力した地域の地図が表示されます。

表示された画面の左上に「災害種別で選択」という四角いアイコンがいくつか表示されていますので、「洪水」を選択すると、地図上で災害のリスクがある場所に色が付きます。
色が濃い(赤に近い)ところが、災害時に被害が大きいリスクが高い部分になります。

やはり川沿いから被害リスクが高くなっていることが分かります。
また、画面左のサブメニューから、洪水の中でも「ため池の決壊時」や「浸水時間」などの情報を細かく選択することもできるようになっています。

そのほか、アイコンを選択することによって「土砂災害」のリスクも確認できるようになっています。

崖や山が近くの方はこちらもあわせて確認しておくのがよいでしょう。
また、先ほどの洪水の情報とふたつ重ねて表示することもできますので、複合でのリスク確認ができるようになっています。

住んでいる自治体のホームページ

各都府市区町村の自治体で個別にハザードマップを作成しています。
『自治体名+ハザードマップ』で検索すると該当するページが出てくるかと思います。
また、先ほどの “ハザードマップポータルサイト” の「わがまちハザードマップ」で自治体を指定することでも該当のページにジャンプすることができます。

このように簡単に自分の住む地域のリスクが分かりますので、確認しておきましょう。

地点別浸水シミュレーション

実際にハザードマップを調べたら浸水のリスクが高い地域だった方に、河川氾濫でどのように浸水が進むかのシミュレーションを確認することができます。

国土交通省地点別浸水シミュレーション検索システム

地点別浸水シミュレーション検索システム

自分の住む地域で検索し、河川の破堤地点(増水した水が漏れだす場所)を指定すると、そこからどのように浸水が進むかのシミュレーションを再生することができます。
いざ逃げる際にどの道からどの方向に逃げればよいかを事前に確認することができます。

事前にできる対策

いざ水害が発生した時に慌てないよう、事前に対策をしておきましょう。

防災用品の準備・確認

●水・食料
日持ちする非常食を備えておくことはもちろん、水道のインフラも使えなくなるので、飲み水として使用できる水を購入し、賞味期限近くなったら使用して新たに補充するなど、定期的にローテーションして備えておきましょう。

●モバイルバッテリー
災害時の連絡手段としてスマートフォンが使用できなくならないよう、モバイルバッテリーもいくつか購入し、定期的に充電しておきましょう。容量は数回分充電できるよう10,000mAh以上あるもので、防水仕様のものが望ましいです。

こういったタイプだと価格の割に容量と防水、ソーラーパネルでの充電もできるので、災害時にうってつけです。

●ライト

電気のインフラが途絶えている可能性もあるので、ライトも準備が必要です。
避難所で手元を明るくする、ランタンのような据え置き型やトイレなどに行くときに持ち運びできるタイプ、また手元が使えたまま作業できるように、頭につけるタイプも非常に便利です。

手持ちタイプに分割できるランタンタイプもあったりしますので、色々と探してみると良いと思います。

車・家屋の浸水対策

水害が発生する可能性がある場合、車は高台に移動しておきましょう。ちなみに洪水で浸水すると、エンジンまで浸かるなどで、修理不能となった場合や、修理代が保険金額を超えた場合は、全損となります。

高台まで移動が難しい場合は、車用の浸水対策グッズも売っていますので検討してみてください。

家屋(一戸建てを想定)については場所を移動するのは難しいので、家自体に対策を行うか、その周りを対策するかになります。

●家自体に対策を行う
現在家を建設予定の方(まだ建てていない)であれば、事前にハザードマップを確認し、どの程度浸水する可能性があるかを確認してください。

浸水の可能性がある場合、可能な限り基礎のかさ上げを検討してください。
私の知っている企業で、社屋を建設するときに、建築設計事務所から「1m基礎をかさ上げしておいた方がいいよ」と言われて、結構なお金はかかったそうなのですが、数年前の豪雨で実際に近くの川が氾濫した際に、かさ上げした分ほぼぴったりまで水位が上がり、周りの建物がみんな浸水してしまった中被害が無かったという話を聞きました。

また、外壁や塀についても浸水防止の機能がついているものがあるので、浸水のリスクが気になる地域の方は、検討してみても良いと思います。

家の周りに行える対策を検討する
すでに、家が建っている方について、今からできる対策としては、周りのものでできる限り対応をする事になります。

例えば、水が隙間から侵入してこないようにするテープであったり、軽度の浸水(10~15cm)であれば防げるような止水板なども販売されています。

自分の地域のリスクにあわせて備えておくことをおすすめします。

ただし、これらの対策で対応できる災害度合いにも限界がありますので、身の危険を感じるような場合は、まず自分、家族の身を守る行動をとるようにしてください。

災害対策アプリのインストール

スマホのアプリで災害対策情報を確認できるものがたくさん出ています。
自分の地域を設定することで、発令されている警報や避難情報などスムーズに確認できますので、その時になってインストールするのではなく使い方の練習も含めて事前にインストールして設定しておきましょう。

みんなで対策して、被害を少なくできるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました