がんのリスク検査が簡単に【N-NOSE】長寿の未来

便利
スポンサーリンク

今朝の地元の新聞で、「線虫」を利用してがんのリスク早期発見につなげる技術を仙台でも実施。という記事がありました。
少し前にそのような検証が行われている事を知ってはいたのですが、結構実用化の流れになってきていることを初めて知りました。
ということで興味が沸いたので少し調べてみました。
現段階での自分なりのまとめとなりますが、将来大きく人類の寿命を変える仕組みになるかも知れませんので、知っておくとちょっと自慢できるかも…?

線虫でがんリスクを調べるしくみ

パッケージ化されております。
【N-NOSE】 ㈱HIROTSUバイオサイエンス社


線虫が検査対象者の尿からがん患者を判別します。
線虫はがん患者の尿に寄って行き健常者の尿からは離れていきます
※N-NOSEのページに写真があるのですが、若干抵抗がある人もいるかもしれないので掲載はやめておきます(汗)

線虫は『嗅覚受容体遺伝子』が犬の1.5倍もあるそうで、がん患者特有の臭いに反応しているとのことです。
ちなみに、がん探知犬もいるようで、結構な精度で判別できた事例もあったようですが、検査が続いてくると疲れてしまって精度が落ちてきたりと難しい部分もあったようです。

線虫での尿からの検査は、今までの血液の検査などと異なり、身体への負担が少なく、しかもステージ0,1などの早期のがんも発見できます
しかもリスクの有無を86.3%と高精度で判別できるとのことです。
これが例えば健康診断のがん検診として1次検査に使われるようになったら、確実に今まで見過ごされていた早期がんの発見に大いに繋がると思います。

検査対象となるがんの種類

 胃がん
 大腸がん
 肺がん
 乳がん
 子宮がん
 膵臓がん
 肝臓がん
 前立腺がん
 食道がん
 卵巣がん
 胆管がん
 胆のうがん
 膀胱がん
 腎臓がん
 口腔・咽頭がん
と5大がんをはじめ、全身を対象に多くのがんのリスク発見に対応しています。

検査方法・価格など

価格は9,800円(税別)
検査方法は2種類あります

指定医療機関で検査

N-NOSEのHPに指定の取り扱い施設がありますので、お近くの方は直接申し込みの上検査を受けられます。(一部コロナの影響で受付を中止している施設もあるようなので要確認です)

HIROTSUバイオサイエンス | Hirotsu Bio Science Inc.
N-NOSE(エヌノーズ)は、線虫という小さな生物が持つ、“がん患者の尿に集まり、健康な方からの尿からは逃げる”という性質を利用した検査です。手軽に受けられる上、早期がんに関する感度が高いので、まず初めに受ける”がんの1次スクリーニング検査”に最適です。

検査キットで検査

公式の購入ページから購入後、N-NOSEステーションへの持ち込みで検査をしてもらいます。
仙台でもサテライトができたので新聞になったようです。

N-NOSE受付システム

現段階の問題点

ほかの検査方法でもそうだとは思いますが、完璧な検査ではないので誤検知ももちろんあります
また、リスク有の判定を受けた際、その後は線虫検査陽性ということだけでの医療機関の受診や検査は健康保険適用外となり検診と同じようにすべて自由診療(100%自己負担)となってしまいます

以上の情報を踏まえて、身体の健康が気になる方は一度受けてみるのも良いかと思います。

コロナで世界的にどんよりしている中、このような新しい医療が生まれて行くことが明るいニュースになりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました