除湿機を動かしても冬場の室内干しが乾かないときは除湿機の種類を確認しよう!

便利
スポンサーリンク

寒い時期になると、洗濯物も屋外から室内干しになりがちですよね。

私の家でも冬場に息子たちのスポ少で使った練習着を洗濯後、翌日まで少しでも早く乾かそうと思って除湿機をつけて一晩経ったものの、思いの外乾いてなかったり、除湿機のタンクに水が溜まってなかったり「除湿機壊れたのかな?」と思ったことがありました。

いろいろと調べたところ、除湿機にも時期によって向き不向きの種類があったことがわかりましたので、もし同じ経験をしたことがある方は参考にしていただければ幸いです。

部屋干しで生乾きに…

除湿機の種類

コンプレッサー式

『冬場になると全然除湿されない!』と思っている除湿機がだいたいこの方式の除湿機です。
内部的にはエアコンのように空気を冷やして結露させることで除湿します。
仕組み的に梅雨や夏場に本領を発揮するのですが、冬場は除湿能力が下がります。

メリットとしては、次に紹介する2種類よりも電気代が安上がりで、室温が上がりづらいです。
デメリットとしては、冬場に弱く、重量があり、また音も大きめです。

ゼオライト(デシカント)式

冬場の室内干しに使用するのであればこのタイプの除湿機を購入しましょう。

内部に除湿剤があり、そこに水分を吸着させて除湿させる方式になっているため、冬場でも除湿能力が落ちません。
吸着した水分は、ヒーターで加熱されて水分化し、タンクに溜まります。

ヒーターを使用するため室温が上がりやすいので、冬場の使用が望ましいです。
またコンプレッサー式と異なり、静音で軽量なものが多いですが、電気代は2~3倍かかることがデメリットです。

ハイブリッド式

上記2種類の機能を持つタイプで、通年で使用できます。

ただ、筐体が大きめ・重くなるデメリットもあり、価格も高めです。

除湿器の種類

これらを総合的に見て、判断しましょう。

冬場の室内物干しにおすすめの除湿機

ジェネリック家電でおなじみの「アイリスオーヤマ」さんから、室内物干し用に作られた除湿機が出ています。

デシカント式で冬場でもOK!それに加えて、サーキュレーターが一体化しているので、空気を循環してより効率よく洗濯物を乾かすことができます。

まさに洗濯物の乾燥専用!といった感じで頼りになる1台です。
我が家でも大活躍しておりますので、ぜひ検討ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました