【パソコン作業の効率化】持ち運びもできるおすすめサブディスプレイ【デュアルディスプレイ】【ゲームにも使用可】

ツール
スポンサーリンク

1台のパソコンに複数台のディスプレイがあると、作業効率が格段に上がります!

当記事では拡張用のサブディスプレイの必要性と、おすすめディスプレイ商品5選をご紹介します。

なぜサブディスプレイが必要なのか

パソコンの作業を行っているときに、ExcelシートやWordファイル、調べものに使っているインターネットブラウザーなど、デスクトップ上にたくさんのウインドウが開いていると、ついさっきさわっていた画面がどこに行ったか分からなくなったり作業途中だった画面を保存したかどうかわからなくなったりと、効率が落ちるだけではなく業務に支障をきたす場合があります。

また、最近ではテレワークによるリモートでの打ち合わせなども増え、カメラが映っている画面と別に資料を開いておきたいなど、ディスプレイが2つ以上あると楽な場面も増えています

今までそんな状況あたりまえと思っていた方に、ぜひディスプレイをもう一つ増やすという選択肢を検討してもらいたいと思います。

また、最近ではモバイルディスプレイとして、ゲーム端末にも対応した持ち運びのしやすいタイプもたくさん出ていますので、ゲーム用に大きい画面を持って歩きたい場合などにも便利に使用できます。

おすすめのディスプレイ

サブディスプレイとして使用する場合、本体のパソコンによっておすすめが変わってきます。

デスクトップ型

デスクトップ型パソコンの場合は、カチッとしたスタンド付きのディスプレイを横並びに設置して高さを合わせて使うのが良いです。

パソコンの業務の内容にもよりますが、事務処理に主に使用する場合はコスパの良い安価なディスプレイで十分かと思います。

HP 27インチ ディスプレイ

27インチで2万円を切っている、HPのコスパ最強ディスプレイです。
画面のふちの部分も狭く、厚みも非常に薄いのでデザイン的にもとても良いです。

BenQ 23.8インチ ディスプレイ

もう一回りちいさいタイプでよいという方は、BenQのディスプレイをおすすめします。

価格も2万円切りはもちろん、輝度自動調整機能など使用者にやさしい機能が搭載されています。

ノート型

おすすめはモバイルディスプレイで、ノートパソコンと横並びで使用すると持ち運びの小回りもきいて非常に便利です。ちなみに私も外に出ることもまぁまぁ多いので、モバイルディスプレイを持ち歩いて仕事をしています。

BOIFUN 15.6インチ モバイルディスプレイ【2021最新信号強化版】

2万円切りで一通りの実用の基準を満たした、非常にコスパの面で高い製品です。
USB-TypeCケーブル1本で給電・画面・音声をまかなうことができますので、持ち歩くものもかさばりません。
紹介ページにはゲームにも対応可と記載あります。

ASUS 15.6インチ モバイルディスプレイ

わたしもこのディスプレイの1世代前を使用している、間違いのない商品です。
特に710gとめちゃくちゃ軽量なのと、付属のカバーがあるので持ち歩きにとても役立っています。
営業などで外での使用が多い方におすすめしたい商品です。

EVICIV モバイルディスプレイ 15.6インチ(タッチパネル対応)

場合によってはタッチパネル対応タイプを使用したい方もいらっしゃるかと思いますが、もちろん対応しているものがあります。

ゲーム端末用

ゲーム用はパソコンと同様にハードウェアによってどういったタイプのディスプレイがよいか考えるとよいです。

本体を持ち歩きしないようなハード(PS4/5など)は固定ディスプレイで、Switchなどはモバイルディスプレイがよいでしょう。
また、どこまでを求めるかにもよりますが、eスポーツの大会などを目指す方の場合は、ディスプレイの性能で差が出てくる部分もあるので、よく選定したほうが良いです。

ASUS ゲーミングモバイルディスプレイ

ゲーム用にモバイルディスプレイが欲しい!という方はこちらをおすすめします。
常時給電なしでも大丈夫な大容量バッテリー、高リフレッシュレートとゲーム使用に文句のないスペックとなっています。少々お値段も上がりますが、それでも必要!という方はぜひご検討ください。

もちろんゲーム用のディスプレイは高くないと動かないというわけではないので、通常一般人が楽しむレベルのゲームを行う場合は、ノートパソコンで紹介したモバイルディスプレイでも十分対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました