『山形県編』食べておくべきおすすめの名物グルメ!【出張食べ歩きサラリーマン】

ランチ
スポンサーリンク

東北は食の宝庫!

わたしは東北6県の営業担当をしておりまして、コロナ蔓延前は各地で出張の仕事をするついでにご当地の食べ物を探して回っていました。
そんな私がおすすめする名物グルメ!今回は「山形県」編です。

当記事で気になったグルメがあった場合はぜひコロナ収束後に山形へ!

くだもの

みなさま、山形県の食べ物といえば真っ先に思いつくのが「さくらんぼ」ではないでしょうか?
赤く実ったさくらんぼ、佐藤錦なんかは綺麗に箱詰めされて贈り物として〇万円とかする高級なものとして流通していると思います。

山形に行くと各果樹園が時期(5~7月くらい)になると「さくらんぼ狩り」の営業をはじめます。
相場としては30分1,500円~くらいで、食べ放題です。当たり時期に行くともうメチャクチャに美味しいです!
また、季節ごとにくだものが変わるので、ブドウ、リンゴ、桃などそのときに旬の果物を美味しく味わうことができます。

各果樹園ごとにホームページも充実しているので、事前に確認してから楽しんでくださいね♪

ちなみに私はいつも天童市近辺を利用しています。
大きい所だと、果物で作った”映える”スイーツなどが買えるお店も隣接していたりするのでたのしいですよ~。

また寒河江市には「道の駅寒河江チェリーランド」という、お土産にももってこいの施設がありますので、お近くの際は帰り足にぜひお土産も見ていってくださいね。

山形県道の駅寒河江チェリーランドさがえ[公式ホームページ]
 東北最大級の道の駅、山形県寒河江市チェリーランドさがえ。山形県のほぼ中央に位置し、東に蔵王、西には月山、葉山の山々を一望できる「道の駅寒河江」は、東北最大級規模を誇るさくらんぼのテーマパークです。県内各地の特産品、工芸品が揃う「チェリーランドさがえ」。さくらんぼなどの地元産フルーツや特産品を使った『JA手づくりアイス...

板そば

主に内陸の地域の名物となっている「板そば」
木枠のような箱にそばが盛られており、店にもよりますが基本的には少し太めで黒みがかっているのが特徴です。蕎麦の風味と歯ごたえ、のどごしが最高であっという間に食べられます。

村山市が発祥の地と言われているようで、実際に「道の駅むらやま」でも食べることができます。

また、イカゲソの天ぷらをあわせて食べることが風習のようで、この後に出てくるラーメンなどにもゲソ天が乗ってくるという、セット品が当たり前のようにメニューに載っています。
そしてこれがまた美味しいんです…。

「そば街道」と呼ばれる地域もあり、本当にたくさんのお店が力を入れて営業しています!

山形県麺類飲食生活衛生同業組合
山形麺許皆伝

蕎麦好きの方はぜひ一度ご賞味ください!

日本海の海の幸

酒田市・鶴岡市の日本海側に行くと、美味しい海の幸を食べることができます。
どこの寿司屋や居酒屋の刺身も間違いなく美味しいです。

そしてその海の幸が食べたい方向けに、絶対外せない観光スポットが「さかた海鮮市場」です。

さかた海鮮市場|鮮魚のプロが厳選する商品を全国の皆様へお届け
山形県酒田市船場町のさかた海鮮市場が扱う鮮魚は、どれもプロが目利きをしたものばかりです。酒田港直結の海鮮市場。どこよりも新鮮なものをお届けします。季節ごとに商品ラインナップが変わりますので、通年、様々な味をお楽しみいただけます。

新鮮な魚介類の販売をしているたくさんの店舗と、その中でも2階にある「海鮮どんや とびしま」

超新鮮な「海鮮丼」の他に、刺身の定食や煮魚など、魚をこれでもかと美味しく食べられるようなメニューがラインナップされており、昼の部に関しては開店前から行列ができますので、行ってみたい!と思った方は、営業開始時間前から行って早い順番で並ぶことを推奨いたします。

そのほかにも店舗形態で飲食できるお店もありますし、お土産用の品は直接宅急便で送ることもできるようになっています。

米沢牛

言わずと知れた、三大和牛と言われるブランド牛です。

ステーキ、すき焼き、焼き肉、丼ぶり…なにを食しても間違いありません。
お手頃価格で食べるのであれば、道の駅米沢で丼ぶりが食べられます。
超有名な和牛肉ですので、ぜひ一度食べてみてください。

地酒

山形は日本酒でも有名です。
酒蔵の数もかなり多いので、なかなか紹介することも難しいのですが、メジャーなところで行くと

十四代(じゅうよんだい)高木酒造村山市
くどき上手亀の井酒造鶴岡市
楯野川(たてのかわ)楯の川酒造酒田市
出羽桜(でわざくら)出羽桜酒造天童市
雅山流(がざんりゅう)新藤酒造店米沢市
全てを一覧表示で見る|山形県酒造組合(公式ホームページ)
山形県酒造組合の全てを一覧表示で見るです

あたりは「聞いたことがある」、「飲んだことがある」という方も多いのではないでしょうか?

日本酒好きな方は、酒蔵巡りでもかな~り楽しめると思います。

ラーメン

最後はラーメンです。
山形県では各地域ごとに名物ラーメンの種類が変わったりと、いろんな味を楽しむことができます。

ド定番・龍上海 辛みそ

カップラーメンにもなっている、山形の超有名店「龍上海」さん。

ラーメン好きの方は、このラーメンを食べに行くためだけに山形に来ても良いと思うくらいです。
特に本店の味は間違いないので、せっかく山形に来るのであれば南陽市まで足を延ばしてご賞味ください!

昼過ぎに行くと空いていて並ばずに済むのですが、チャーシューが売切れている可能性が大なので、チャーシューも食べたい場合は、並ぶ覚悟で訪問してください!

また、龍上海のインスパイアメニューを出している店もあり、辛みそ+ゲソ天で味わえるお店もあったりします。

米沢ラーメン

米沢市発祥のラーメンの種類です。
細縮れ麺のしょうゆ味という、オーソドックスなラーメンです。
店により、鶏だったり魚だったりとスープ出汁は変わっている感じですが、基本的にシンプルで飽きの来ないラーメンです。

ジロリアンの方には少々物足りない方もいるかもしれませんが、米沢牛をガッツリ食べた後にさっぱりとした米沢ラーメンで締める、なんていうプランも良いと思います!

ワンタン麺

主に酒田地域発祥のラーメンの種類です。
さっぱりとした醤油ベースのスープに、透き通るような薄い生地で作られたワンタンが特徴です。

ワンタン麺推しの店はなぜか決まって「〇〇月」という感じで、最後が「月」で終わる店名になっています。
「月系ラーメン」と言われてもいるようで、酒田を代表するブランドラーメンとして有名です。

冷やしラーメン

今でこそ当たり前になった「冷やしラーメン」ですが、発祥は山形の「栄屋本店」さんだったそうな。

山形のラーメン屋さんはほとんどの店で、夏場は冷やし中華ではなく「冷やしラーメン」をメニューにラインナップしております。

こちらも各店特徴のある味になっていますので、いろいろと調べて回ってみると楽しいですよ!

蕎麦屋のラーメン

山形では蕎麦屋でラーメンが普通に食べられます。
冷やしラーメン発祥の栄屋本店さんも本来は蕎麦屋です。

そして、味付けが蕎麦屋ならではの味付けだったり具だったりするので、普通のラーメン屋で出てくるものとちょっと違ったものを食べることができます。
そして蕎麦が美味しい店は間違いなくラーメンも美味しいです。

複数人で蕎麦屋に行って、それぞれ違うものを頼んで食べ比べしてみるのも良いと思います♪

現地でおいしいものが食べられるお店を探すには

いろいろとグルメをご紹介しましたが、実際に現地で近くで食べられるおいしいものを探したい!というときは、わたしがいつも使っているGoogleマップでの検索がおすすめですので、ぜひ試してみてください!

以上、食べ歩きサラリーマンのおすすめグルメ山形編でした!
観光など計画している方のお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました