(ほぼ)完璧にホコリが入らないようにするスマホの液晶保護シート貼付け方法

スマホ
スポンサーリンク

こんにちは、co-chanと申します。

みなさんスマホを買ったときに液晶保護シートは貼っていますでしょうか?
最近ではシールというよりはガラス製のものも主流になってきていますよね。

保護シートを貼り付ける際に毎回「イラッ」とするのがシート貼り付けの際に間に入るホコリです。

ホコリが入ると、気持ち悪いのとその周りに気泡ができて見栄えが悪くなるなど、画面を見るたびに気になって精神衛生上良くないです(人によると思いますがw)

という事で、きれいに液晶保護シートを貼り付けるわたしなりのルーティンをご紹介します。

事前準備

貼付けを開始する前に、以下の準備を行っています

  • 浴室にシャワーを撒いて湯気を充満させる(重要)
  • 液晶保護シートを貼り付け面のフィルムを取るだけの状態にしておく
  • ディスプレイふき取り用グロス(シートに同梱しているものでOK)を出しておく
  • 手を石鹸でよく洗って指先に繊維などが付かないようタオルではなくティッシュなどを使用してドライする

とにかくホコリがシートに付着しないような環境にすることが大事です。
また、作業中シートやスマホに手が触れる頻度が最低限になるようにします。

実施の流れ

それでは綺麗に貼り付ける実際の流れです。

①浴室に準備したものとスマートフォン本体を持ち込む
湯気の充満した浴室で作業することで、ホコリが床に落ち、シートに付着するリスクを最小限にすることができます。
勢いでシャワーを浴びたり、ついつい風呂に入らないように気を付けてください。

②ふき取り用グロスでディスプレイをピカピカにする
これでもかというくらいふき取ってディスプレイをピカピカにしてください。
中央よりもディスプレイ周りの端っこが意外と手に触れているので、難しいのですがディスプレイ面側(横にも)に指が触れないよう上手に持って作業してください。
いろんな角度から見てホコリや汚れが無い状態になったらOKです!

③保護シートを貼り付ける
最大の山場です。
このために準備と環境を整えてきたので、全集中しましょう。
また、貼り付ける時には適当に押さえるのではなく、できれば中央から放射状に力を入れて貼り付けていきましょう。空気が抜けやすくなります。

アフターフォロー

貼りつけた後余韻に浸りたいところですが、私の場合は念のためもうひと押し作業をしています。

最初に使用したディスプレイふき取り用グロスを使って、貼り付けた保護シートの上からもう一度中心から放射状に軽く力を込めてふき取りつつ「しっかり貼付けよー」と心の中で思いながら念押ししています。(個人的に重要)

端っこまで「ピタッ」と貼り付いたら完了です!お疲れ様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました