【iPhone13】どこで買うのが安い? 4大キャリアで選ぶなら『楽天モバイル』が一番!【オンラインショップ比較検討】

お金
スポンサーリンク

2021年9月24日に発売された新しい『iPhone 13』メディアやネットでもたくさん紹介されていますが、いざ「自分も欲しい!」となったときに、いったいどこで購入するのが最も安く済むのか?

今回は、iPhone 13を購入する際に、いくらでも安く購入して使いたい!という方向けに、4大キャリア「docomo・au・softbank・楽天モバイル」のオンラインショップから金額をまとめて比較してみました。
実際に購入する際の参考にしていただければと思います。

iPhone 13の価格比較

早速ですが、前述の4大キャリアのオンラインショップの金額情報をもとに、比較表をまとめました。(すべて税込)
金額の算出については、一番安く支払いやすいプランであることを想定して、各社で出しています購入時の「分割払い」プログラムに加え、「〇ヶ月目以降の支払い不要(新しい機種と交換)」の購入方法で比較しております。
製品は iPhone 13リリーズの各容量別にしております。
そのほかの各社の割引については割愛し、純粋に製品の販売価格と、実質負担額にて比較しました。

iPhone 13 4大キャリアオンラインショップ比較

ご覧の通り、実質負担額を比べると「楽天モバイル」の一人勝ちになっています。
また、各オンラインショップでは回線契約をしなくても購入のみ可能なため、楽天モバイルで購入したiPhoneを他のキャリアで使用することも可能となっております。

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムとは

最安の楽天モバイルですが、分割払いのためには購入時に「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」にて購入する必要があります。

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムの仕組み

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムは、48回の分割払いのみ対応しており、半分となる24回目の支払い完了後、25回目以降の支払分が不要となる代わりに使用中の機種を返却(機種変更時)する、というものとなっています。

ですので、2年間はiPhone 13を使用して、またそのあと新しいiPhoneに切り替えたいという方は、このプログラムを使用することで2年ごとに実質半額で新しい機種に乗換ができる仕組みになっています。

注意点

大変お得な楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムですが、注意点もいくつかありますので確認しておいてください。

①支払いは楽天カードで行う
②機種変更・返却時に事務手数料3,300円が発生する
③返却した旧製品が指定状態基準を満たさない場合、故障費用※を請求されることがある
※故障費用の22,000円もしくは残債の全額

返却時に想定外の出費にならないよう、大事に使ってくださいね♪

iPhone 13はSIMロックの解除は必要?

結論からお伝えすると、iPhone 13シリーズは全4キャリアともにSIMロックはかかっておらず、どのキャリアでも使用できるようになっております。
2021年10月1日から総務省がSIMロックの原則禁止を発表しており、それに対しての事前の調整も含まれていると思われます。
ですので、SIMについては購入元を気にしなくても問題ありません

またeSIM、デュアルSIMにも対応していますので、各社プランとの組み合わせもさまざま検討できるようになっています。

iPhone 13はキャリア別のバンド(帯域)を考慮する必要はあるか?

こちらも結論からお伝えすると、iPhone 13についてバンド制限は行われていません
各キャリアのバンドを幅広いカバーしているので、購入元キャリアを気にする必要がありません。

結論:iPhone 13シリーズは楽天モバイルでの購入が一番安い!

ということで、比較表とSIMフリー、バンドの考慮も不要ということで、とにかく一番安く販売しているキャリア=「楽天モバイル」での購入が一番安い!ということになります。

元の販売価格自体が他社よりも割安になっているので、他社も割引額としては頑張っているのですが、結果的に手元から出ていくお金については楽天モバイルが安さNo1ということになります。

また楽天モバイルは新規乗換時のポイントが25,000ポイントも還元されるので、キャリア変更まで行うとさらにお得に購入することも可能です。

楽天モバイルのプランについて他社と比較した記事も紹介しておりますので、あわせてご確認ください。

iPhone 13の購入を検討している方は、楽天モバイルからの購入をぜひご検討ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました